新潟県新発田市十日町市結建築設計室  阿部正義の日々ログ 
by yui-arc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
コーヒー
sketch book
works
大地の芸術祭
これ食べた
自給作戦
さんぽしゃしん
studio*H5
こんなモノ
こんなとこ行った
未分類
ライフログ
====リンク====
フォロー中のブログ
松之山の四季2
irei blog
OMソーラーの家「Aib...
ひだまりミュゼ pho...
ひなたの場所
スタジオ紡
ひとりごと
のんたんのデジタルな風景
神戸ポタリング日記
伊藤寛のblog
日月出づる処より
コイワびと。
セノのセブログ
のんびりニイガタにっき
プチ田舎Life wit...
笑う不動産屋
| news設計室 |・...
日日日影新聞 (nich...
タマケンブログ~工務店と登山
Squat Shop Blog
im Bau
兵庫 神戸 須磨の一級建...
BLOG | GARRO...
ブログパーツ
タグ
(4)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
四日町 「Tokamachi haus」
b0102832_11313478.jpg

十日町市四日町に建つ雪国住宅 「Tokamachi haus」
施工:「フラワーホーム」
いよいよ現場も追い込みです。

屋根はシンプルな切妻。
3間の妻入りで真ん中から左右に自然落雪させます。
二階建ての場合この落雪で一階部分が埋まってしまうことがネックとなりますが
3間間口を半分で割る事でその影響を最小限に抑えつつ
敷地の段差を利用して基礎の高さを1.5M以上と高くしより安心な設計としました。

階段の写真を見てもお分かりの通り二階のパブリックスペースまでの段数を10段、蹴上を190以下で抑えることで1階と2階のバリアを限りなく薄くすることにも挑戦しています。
そう、スキップしているのです。
b0102832_113131100.jpg

アプローチの空間がゆったりしている事も雪国では重要です。
ココらへんも木で張られて良い雰囲気になりそうです。
b0102832_11312518.jpg

外壁も地域に倣って定番の燻煙杉板・・・県産材です。
この地域にはまだまだ木の板で外壁が張られている家が多いのです。
十日町らしさを演出するのにこのへんは譲れません。

車庫をビルトインしつつ十分な外部収納と雪への対応能力
一般的な高床式の住宅では難しい住居部分への段差の少ないアクセス。

ある意味雪国での最小限住宅の一つの解が詰め込まれています。
シンプルな外観からは想像がつかないですね。
[PR]
by yui-arc | 2011-12-07 11:56 | works
<< 「Tokamachi haus... 集まって住む >>