新潟県新発田市十日町市結建築設計室  阿部正義の日々ログ 
by yui-arc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
コーヒー
sketch book
works
大地の芸術祭
これ食べた
自給作戦
さんぽしゃしん
studio*H5
こんなモノ
こんなとこ行った
未分類
ライフログ
====リンク====
フォロー中のブログ
松之山の四季2
irei blog
OMソーラーの家「Aib...
ひだまりミュゼ pho...
ひなたの場所
スタジオ紡
ひとりごと
のんたんのデジタルな風景
神戸ポタリング日記
伊藤寛のblog
日月出づる処より
コイワびと。
セノのセブログ
のんびりニイガタにっき
プチ田舎Life wit...
笑う不動産屋
| news設計室 |・...
日日日影新聞 (nich...
タマケンブログ~工務店と登山
Squat Shop Blog
im Bau
兵庫 神戸 須磨の一級建...
BLOG | GARRO...
ブログパーツ
タグ
(4)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
雪国ドミノ基礎
b0102832_1131188.jpg

雪国ドミノ住宅の基礎配筋が終わりました
改めて「ゴッツイなあ」と現場でつぶやいてしまいました(笑)

長期優良住宅の条件の一つ「性能表示等級2」をクリアさせるとこういうことになる・・・
建築基準法の中だけで壁量を算定する場合通常積雪荷重は考慮されませんが
性能表示となるとそこが入ってきます

許容応力度設計を行う場合も当然1mの積雪荷重が考慮されますが
その基準の1.25倍の性能が要求されるわけです
それに加えて外周部のみに耐力壁を配する事がドミノの特徴ともなっており
結果として高倍率の壁が必要になります

高倍率の壁を構成する柱は当然大きな引抜力を負担します
アンカーボルトの本数も引抜防止金物もゴツイゴツイ!

水平構面の剛性も重要なポイント
基礎もそうですが床構面もガッチリさせなくてはなりません

バランスの良い矩形平面の総二階で単純に検討しても
通常の基準法の規定に基づく壁量と比較すると
およそ1.5から1.6倍の壁が必要になってきます

ムムムムッ!
なんか数字と追っかけっこ状態の計画
雪国には大変不利ですけど
雪が屋根に乗った状態で地震が起きたらと考えると・・・
必要ですねやっぱり!
[PR]
by yui-arc | 2009-09-14 12:02 | works
<< 納涼会 雪国のエコ >>