新潟県新発田市十日町市結建築設計室  阿部正義の日々ログ 
by yui-arc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
sketch book
works
大地の芸術祭
食べる・飲む
三角地の小さな家
自給作戦
さんぽしゃしん
コミュニティー・デザイン
その他
四日町 花れ
未分類
ライフログ
====リンク====
フォロー中のブログ
松之山の四季2
irei blog
OMソーラーの家「Aib...
ひだまりミュゼ pho...
ひなたの場所
スタジオ紡
ひとりごと
のんたんのデジタルな風景
神戸ポタリング日記
伊藤寛のblog
日月出づる処より
コイワびと。
セノのセブログ
のんびりニイガタにっき
プチ田舎Life wit...
笑う不動産屋
| news設計室 |・...
日日日影新聞 (nich...
タマケンブログ~工務店の...
Squat Shop Blog
im Bau
兵庫 神戸 須磨の一級建...
BLOG | GARRO...
ブログパーツ
タグ
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
山崎亮さん講演会開催
山崎亮さんの講演会が十日町市で開催されました。
b0102832_854678.jpg

感無量でした。

思い立ったのは昨年の六月。
情熱大陸を観て山崎さんを知り、著書を拝見し、是非お招きしたいと動き出したのでした。

折しも「関東甲信越建築士会ブロック会青年建築士協議会(通称・関ブロ) 新潟大会」のメインテーマ決定の時期
これを「コミュニティデザイン」に据え基調講演に山崎亮さんをお呼びし
分科会ではワークショップをお願い出来ればかつてない「関ブロ」になるだろうとの予感がありました。

県青年委員長の熱弁むなしくそちらを県の建築士会青年委員にご理解頂くことはかないませんでした。
コミュニティアーキテクツが注目されはじめた時期でもあっただけにとても残念でなりません。
そもそもコミュニティデザインと建築士がどうつながるのか想像すらしていただけてない様でした。

これからの建築士に求められる職能は、建物をデザインするように人のつながりもデザインできるようになること・・・ということに何時気づいていただけるのでしょう?

でも、建築士会中魚沼支部の青年委員は諦めませんでした。

「関ブロがダメなら十日町市に呼ぼう!」

企画書を作って市にプレゼンさせていただき
こちらはとても好感触。

動き始めようとした矢先に「水害」

再び立ち上がり、やっと昨日の講演会開催へとこぎ着けたのでした。

決まった集会スペースを持たずメンバーも少ない
おまけにみんなチョー忙しい。

それでもやってこられたのは何だったんだろうと考えました。
誰も泣き言は言いませんでした。

徹夜仕事の合間で資料を作ったり
夜中まで話しあったり・・・

場所を提供いただいた「ごったく」さんには感謝です。

山崎さんより送られた言葉・・・
b0102832_10261325.jpg

未だ始まりも見えたわけではありませんが
不手際等あったであろう青年委員会を応援していただいた皆様に
心より感謝申し上げます。

ありがとうございました。
[PR]
# by yui-arc | 2012-04-17 10:18 | コミュニティー・デザイン
ソーシャルデザイン
十日町市のクロステンが大幅にRENEWALしました。
「ユキマツリ」という飲食スペースがオープンしたので行って来ました。
b0102832_14463921.jpg

ワンコインでこのボリューム。
塩分控えめで優しい味でした。
特産物コーナーも充実。
b0102832_14465180.jpg

コアとしての役割が期待されますがとてもいい方向性だと思います。

コミュニティをキーワドとして新しい世界が見えてきました。
このクロステンもその流れの一環でしょう。

20世紀型の経済性、効率性重視社会が行き詰まっている今
ソーシャルデザインで社会を変革させる動きが出ています。
未来はまだまだ明るい!
[PR]
# by yui-arc | 2012-04-09 14:59 | その他
ノート好きのバック好き・・・
Whole Earth Catalog(ホールアースカタログ)をご存知ですか?
b0102832_1062686.jpg

私はスティーブジョブスの伝記の中でその存在を知りました。
ジョブスはそのカタログにインスパイアされる部分が多かったのでしょう。
b0102832_10105153.jpg

現代版「ホールアースカタログ」を目指したこの本には刺激的、挑戦的な製品が満載。

旅とかスケッチとかって「建築塾」で鍛えられたせいかもしれませんが
意識することなくかっこいいショルダーバッグやノートを常に探している自分がいます。
気がつくと店の前なんかで「それ」を持って電車で旅に出かけている姿を
想像しながらニヤニヤしているのです。
ヤバい人ですね。

で、この本にも気になるバッグやノートが・・・

しばらくニヤニヤが続きそうです。
[PR]
# by yui-arc | 2012-03-27 10:20 | その他
省エネ
電力消費の問題が叫ばれています。
2020年までには省エネ住宅が義務化と言われています。

--------平成23年9月19日 日本経済新聞より記事抜粋--------
「国土交通省は不動産・建築業者に対し、住宅やビルなど全ての建築物を新築する際に、一定の省エネルギー基準を満たすよう義務付ける方針」

あと8年以内・・・どんどん前倒しされる可能性もありますね。
なにせ義務化ですから「ちょっとわからないので・・・」なんてことは許されないのです。
長期優良住宅の更に上を行く対応が求められるのかもしれません。
b0102832_1056743.jpg

調べてみると1985年当時と比べると電力使用量は50%以上増えている実態があるといいます。
省エネ家電が増えた反面使う時間や種類が増えたためなのでしょうか。
1985年といえばバブル前夜・・・
未だにバブルの負の遺産を引きずっているとも考えられます。

住宅を省エネ対応することと生活スタイルを見直すことの両輪でまだまだ電力消費は圧縮できるかもです。
自宅がどの程度のエネルギー消費なのか手軽に評価できるサイトがあります。
Forward to 1985 energy life
うちは計算してみると53500(MJ)
豪雪地の平均的な値がどの程度なのか分かりませんが多分1985年達成レベルだと思います。
これは我が家が「薪ストーブ」であるというのが大きいです。
暖房に薪以外を一切使いませんしエコキュート導入もかなり貢献しているのでしょう。

こう考えると1985年レベルの達成は冬の日照のない地域にとっては結構ハードルは高そうですね。
あるいは薪ストーブを導入することはこれからの住宅として更に注目されるとも言えます。

日本の高性能、低価格薪ストーブの登場を切に願います。
[PR]
# by yui-arc | 2012-03-19 11:48 | その他
今週末のオープンハウス
今朝は久しぶりにしっかりと雪が降りました。
彼岸だというのに全く。

暑さ寒さも・・・・ですからね。
春遠からじ。
b0102832_94240.jpg
b0102832_933569.jpg

b0102832_94796.jpg

3月24日、25日オープンハウスのご案内
詳しくは下記リンクをクリックしてください。
㈱フラワーホーム
[PR]
# by yui-arc | 2012-03-19 09:33 | works
山崎亮氏講演会チラシ出来!!
山崎亮氏講演会の詳細が決定いたしました。
b0102832_16373430.jpg

山崎さんが講演で語られる地方再生のプロセスや方法論がしっかりと建築的で
建築設計経験者ならば思わず膝を打つ明快さなのです。

集落ごとのアプローチや方向性、ワークショップの進め方や未来像の描き方を
みんなで一緒に考えたいです。
[PR]
# by yui-arc | 2012-03-12 16:51 | コミュニティー・デザイン