新潟県新発田市十日町市結建築設計室  阿部正義の日々ログ 
by yui-arc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
コーヒー
sketch book
works
大地の芸術祭
これ食べた
自給作戦
さんぽしゃしん
studio*H5
こんなモノ
こんなとこ行った
未分類
ライフログ
====リンク====
フォロー中のブログ
松之山の四季2
irei blog
OMソーラーの家「Aib...
ひだまりミュゼ pho...
ひなたの場所
スタジオ紡
ひとりごと
のんたんのデジタルな風景
神戸ポタリング日記
伊藤寛のblog
日月出づる処より
コイワびと。
セノのセブログ
のんびりニイガタにっき
プチ田舎Life wit...
笑う不動産屋
| news設計室 |・...
日日日影新聞 (nich...
タマケンブログ~工務店の...
Squat Shop Blog
im Bau
兵庫 神戸 須磨の一級建...
BLOG | GARRO...
ブログパーツ
タグ
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
看板
設計監理の看板を新調しました。
b0102832_9204759.jpg

工事現場の目立つ場所に設置します。

これを設置すると「よし!」と一段気合が入る気がします。
[PR]
by yui-arc | 2011-05-27 09:23 | works
ヤマベの木構造
今日は東京で山辺豊彦さんの講義を聴いて居ます。

b0102832_13372849.jpg

ドミノの基本的な構造計画の流れが中心ですが木造建物の合理性を考える上でとても重要な内容だと思います。

安全性とコスト、、、両立させる事はこれからもっと設計者に求められると思います。
[PR]
by yui-arc | 2011-05-26 13:26 | works
地震
津南町は長野県栄村のお隣。
3月12日の大きな地震の震源近くでもあります。

津南で被害を受けたお宅を訪問した後
栄村にも足を伸ばしました。

被害を見る中で一際目をひく建物が信濃川の向こうに見えました。

b0102832_18101228.jpg


b0102832_18101259.jpg

金華山常慶院
鎌倉時代の建物の様です。

置き柱はそのうちの何本かは十センチ程ズレていましたが全体としてはほとんどずれた痕が有りません。

材料の殆どがケヤキに見えるその重量はおそらく何十トン。
激震地で転倒しないのは柱が置いてあるだけの造りだから。つまり免震構造。
横方向にズレていない謎だけが残ったが
本堂隣の鐘楼を見て合点がいった。

鐘楼は比較的新しいのだが4本ある脚の2本がホゾから抜けて居る。
建っていたその場所で。

そうだった。
ココは震源域。
真下から突き上げて鐘楼は跳ねたのだ。

かなり長いホゾが抜けているのをみると
相当跳ねたのだろう。

鎌倉時代の解脱門。
サスガ。
[PR]
by yui-arc | 2011-05-21 17:19 | その他
速報!住宅版エコポイント期間短縮及び長期優良住宅助成事業開始
「ポイントが発行される工事の対象期間の短縮について」発表がありました。

ご注意を!

平成23年度木のいえ整備促進事業の募集開始について・・・
今年度も長期優良住宅の補助金事業が始まりました。

こちらも・・・すぐいっぱいになるでしょうからご注意を!
[PR]
by yui-arc | 2011-05-13 09:42 | その他
福島潟
午前中をオフにして福島潟を散歩して来ました。
b0102832_10173387.jpg


b0102832_10173481.jpg


b0102832_10173741.jpg

天気が良くてサイコーに気持ちの良い朝。
山と潟と菜の花のコントラストがスンバラシイ。

ハサバを再現した小径にテンション上がります。
子供の頃は家の周りはこんなだったなぁって。

b0102832_10173874.jpg

潟には茅葺きの無料休憩所があります。
縁側から山を眺めて居ると時間を忘れます。
奥行き一間の土庇。

中間領域の素晴らしさを改めて認識。
黙っていても人が寄って来て会話が生まれます。

東北の復興後の街づくりにはとても重要な事だと感じますね。
[PR]
by yui-arc | 2011-05-12 09:57 | さんぽしゃしん
松島ヨットハーバー
松島ヨットハーバー・公園事務所は阿部仁史アトリエの作品。
KESで建てられたのですが場所が場所だけに気になっていました。

たまたま松島に行く機会がありたまたま脇を歩いていて気が付いたのですが・・・^_^;
b0102832_1142383.jpg

b0102832_11431032.jpg
b0102832_11425987.jpg
b0102832_11424381.jpg

壁の痕からして1.2Mくらいまで海水が来たようです。
でも目立った外傷はコーナーガラスくらいしか判りませんでした。

一度見てみたいと思っていた建物とこのタイミングで出会うのもビミョーな感じですが
キチンと原形を留めて存在してくれた事にまずは感謝したいです。

若林区の荒浜地区からそれほど離れていない場所に妹家族が暮らしています。
母親を連れてお見舞いに行ってきました。
b0102832_11543344.jpg

荒浜小学校前ですがガソリンスタンド以外に街だった面影を発見できませんでした。
圧倒的な破壊・・・
高速道路で津波が止まったためその東西で景色が全く違うのです。

住宅地であったころの姿を知らない私には
特別な感情すら湧いてきません・・・

仕事柄住宅の解体現場に数多く立ち会ってきましたが
その規模を莫大に広げた感じ・・・
そんな陳腐な形容しか頭に浮かびません。

それは津波が来た過程を重ね合わせられないからでもあるでしょうし
道路だけは確保されている現状が
解体現場に酷似してしまっているからだと思います。

歩いて現地まで行ったのですが
あまりの場違いさに居たたまれなくなってその場を後にしました。

3月11日以降地震報道を見るにつけこれほど世の無常を考えた事はありませんでした。
ある日突然全てが失われる。
あまりに理不尽。

私は最近考えるようになりました。
一日一日を感謝の気持ちで暮らしきることの積み重ねが人生なんだと。
当たり前の事なのですが。

いまこの瞬間に命は突然終わるのかもしれない。
それは生きるものすべてに言える事。

便利な世の中で私はともすれば生きる事を軽んじてきたかもしれない。
この生はずっと続く様な錯覚。
誰かが救ってくれるような傲慢さ。

もっと謙虚に、もっと優しく、もっと一生懸命になろう・・・なりたい。
心からそう思います。
[PR]
by yui-arc | 2011-05-05 12:00 | さんぽしゃしん