新潟県新発田市十日町市結建築設計室  阿部正義の日々ログ 
by yui-arc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
カテゴリ
全体
コーヒー
sketch book
works
大地の芸術祭
これ食べた
自給作戦
さんぽしゃしん
studio*H5
こんなモノ
こんなとこ行った
未分類
ライフログ
====リンク====
フォロー中のブログ
松之山の四季2
irei blog
OMソーラーの家「Aib...
ひだまりミュゼ pho...
ひなたの場所
スタジオ紡
ひとりごと
のんたんのデジタルな風景
神戸ポタリング日記
伊藤寛のblog
日月出づる処より
コイワびと。
セノのセブログ
のんびりニイガタにっき
プチ田舎Life wit...
笑う不動産屋
| news設計室 |・...
日日日影新聞 (nich...
タマケンブログ~工務店の...
Squat Shop Blog
im Bau
兵庫 神戸 須磨の一級建...
BLOG | GARRO...
ブログパーツ
タグ
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
長期優良住宅
「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」平成21年6月4日に施行されました。
急な施行に対応できず設計者も施工者も右往左往した感がありましたが
最近は落ち着いてきましたね。

私ももう相当の棟数を申請させていただきました。
数えたら8棟に上ります。

一般的には2階建て木造が思い浮かぶでしょうが
十日町市や長岡市では3階建(1階RC2.3階木造)混構造の建物もその対象となっています。

木造部分は同じ基準が適用されますが
1階のRC部分はRC建物の長期優良基準が適用されます。

具体的には断熱材の厚さやコンクリートの水セメント比が大きく違う点です。
雪国の高床式混構造住宅はあくまでも1階部分は「基礎」であるとの認識でこれまでやってきたので
断熱や強度については最低基準をクリアするだけで良いと考えたくなるのですが
今回の認定制度では「雪国特例」は無視されています。

断熱施工はともかくとしてコンクリートの水セメント比には施工者側に多少の戸惑いがあります。
基本、水セメント比45%のコンクリートを使用しなければならないからです。

水セメント比とコンクリート強度には反比例の関係があり水セメント比が低いほど強度が上がります。
因みにW/C 45% 普通ポルトランドセメント 36N/mm2です。
なぜこんな高強度のモノが必要になってしまうのでしょう?

それはコンクリートの性質に起因します。
ご存知の通りコンクリートは圧縮に強く引っ張りに弱いという性質があり
その弱い引っ張りの力を鉄筋が負担することで建築材としての高強度を実現しているのです。

鉄は酸化・・・つまり錆ます。
しかしコンクリートは強アルカリの性質を持っていて鉄筋がコンクリートに埋まることで
酸化から守られその強度を維持するのです。

残念な事にそのすばらしいアルカリ性も空気中の酸性物質などの影響で
徐々に中性化していきます。

中性化した中で鉄筋は保護されなくなりやがては錆びてきます。
前述の通りコンクリートの建築材としての強度は鉄筋によって成り立っていますので
その鉄筋がさびて細くなったり酸化による膨張で破壊され鉄筋コンクリートの寿命は尽きるのです。

セメントの割合が多い(水セメント比が低い)コンクリートはより長い間アルカリ性を維持します。
つまりは長寿命なのです。

長期優良には長期の性能が要求される為に水セメント比が低く設定されているのです。

コンクリート強度が上がるとその品質管理のシビアさもぐんと上がります。
セメントの化学反応で発生する熱が多くなったりするためです。

長期優良・・・特に高床住宅に関しては経験や施工例が豊富な工務店選びがなお一層重要という事ですね。

今回は長文になりました。
最後までお付き合い頂きありがとうございます(笑)
[PR]
by yui-arc | 2011-02-27 13:08 | その他
真実はぼんやりしたもの
b0102832_11314016.jpg

中東が毎日ニュースに流れます。
NZの事故も痛ましくて居た堪れません。
翻って日本では政治問題が連日賑わって居ます。

かつてニュースは一方通行でしたが今は言語を解せば世界中と双方向でやり取りできる時代。

でも、この辺が問題。
信憑性の有無の判断に苦しみます。
仕事上自分なりの意見は必要です。

例えば「電磁波」問題。
電磁波は見えませんし感じません。
でも、あらゆる場所に存在します。
第二の被爆問題だと云う方も居ます。
テレビが報道しないから大したこと無いんだろって方が殆どでしょう。

偉そうな言い方出来ません。
私もそんな1人ですから。
世界中から情報集めて分析出来るような言語能力も持ち合わせません。
ここでエンドです。

仕事柄上記に関して意見を求められる事もしばしばですが明確な回答が出来ない現状に無力感を味わいます。
全てがこんな感じ。

真実はその人の中にしか存在しません。
見方や立場が違うと絶対に思える事象もボヤけてきます。

自分の中の真実を増やすために旅に出ましょう。多くのものを実際に見たりたくさんの人と話しましょう。

そしてスケッチしましょう。
[PR]
by yui-arc | 2011-02-26 10:53 | さんぽしゃしん
四郎丸の家
b0102832_21583418.jpg

長岡市市街地 準防火地域に建つ二階建ての住宅です。

長岡市内も今年は雪が多く、職人さんはとても苦労しました。
隣に仮住まいされているお施主さんも「夜11時位まで仕事していた」と・・・
本当にありがとうございました。

ゾーニングは駐車台数の確保と「延焼のおそれのある部分」の開口部処理及び
目の前の桜を楽しめるデッキスペースの確保を念頭に進めました。

平面計画をコの字とすることで一階デッキが中庭となり
デッキと室内をつなぐ開口部を防火設備としなくても良い形にしました。

目の前の水路沿いの桜はルーフデッキから眺める事が出来ます。

断熱基準は長岡ですがⅡ地域をクリアするもの。
窓にも樹脂サッシュを奢っている上、屋根にはソーラーパネルが載る
地域に訛った「雪国ドミノ住宅」でもあります。

耐力壁は極力外周部でクリアできるようにしたいのですが
長期優良住宅ですので不足分は中で補っています。
因みに・・・結建築設計室では全棟構造計算しています!

メイン暖房には蓄熱式を使うオール電化。

平面計画は「閉じつつも外と繋がれる」大きなデッキスペースが中心になっていて
そこをコアに生活の楽しみが膨らんで欲しいです。

単調で変化のつきにくくなるのが2階部分のプランですが
ルーフデッキや段差のある和室があることで広がりと落ち着きが同居した
変化のある空間構成となっています。
初めての1.25坪のハーフニットで木張りのお風呂も見どころでしょう。

3月にオープンハウスを予定しています。
詳しくはWEBでフラワーホームをチェックしていただくか
yuiarc@ybb.ne.jpまでお問い合わせください。
[PR]
by yui-arc | 2011-02-20 00:03 | works
雪まつり
今日は雪まつり・・・
b0102832_2144720.jpg

雰囲気を出すために家の前にも雪灯篭。
結構明るくなります。

昨晩は前夜祭でした。
楽しんごさんがゲストという事で行ってきました。
寒い中タンクトップで熱演。
アメージンググレース(Amazing Grace)も披露してくれました。
この日これが一番感動したかな。
楽しんごさんは変な人と勝手に毛嫌いしていましたがいけませんね。

頑張っている人は輝いています。

がっかりした事もあります。
撮影禁止と言っているそばからケータイでフラッシュ焚いて写真を撮るトナリのオバサン。
肩車の親子が邪魔でステージが見えないとぶつくさ言いながら自分は傘をさして顰蹙を買っているのに気付かない斜め前のオバサン。

こういう国民がたくさんいる国を治めるのは大変だななんて考えたりして
頭が痛くなりました(笑)

明日は朝からイベントに参加・・・
終日業務停止。

遅れ気味の仕事の為に今晩もコーヒー淹れました。
さ、ガンバロ!
[PR]
by yui-arc | 2011-02-19 21:26 | その他
山形へ
山形・上山温泉に行ってきました。
KESの全国大会がこの時期に毎年山形で開催されています。

KESは国内の木造金物工法のパイオニア。
構造計算のできる木造を広めた元祖であります。
b0102832_8563244.jpg

加盟店の社長からお誘いを受けて参加してきました。
写真は山形市内の御殿堰再開発で木造耐火をKESでやった実例。

KESの素晴らしいのはこれはいくらなんでも無理なんじゃないの?っていうようなものまで
実現させてしまう技術力の高さと対応の速さ、細かさ。
私はそこに東北人気質を見たりするわけです。はい。

KEN OKUYAMA CASA 御殿堰ショップ・・・奥山清行さんのお店がこの中にあります。
知る人ぞ知るフェラーリをデザインした日本人。

非売品や試作品も並ぶ室内はマニア垂涎の空間(笑)
なぜかそんな中にKAWASAKI Z1のプラモが。

元私の愛車・・・気になります。

私は山形が大好きです。
道をバイクや車で走っているだけで幸せな気分になります。
時間の流れ方や自然環境が自分の理想形に近いせいなのかなとか考えたりします。

初夏にでもまたバイクでそろツーリングに行きたいですね。
[PR]
by yui-arc | 2011-02-18 09:10 | さんぽしゃしん
十日町ロケ
b0102832_994157.jpg

昨日はお昼前に出発して長岡にて打ち合わせ。
帰ったのは7時近くになりました。
家の前に来ると写真の様なのぼりが。

Twitterで知ったのですがどうやら家の向かいで映画のロケが行われているようです。
ロケの共演者募集やエキストラ募集が数週間前に行われていたのは知っていましたが
まさか家の前でロケとは・・・。
b0102832_9144850.jpg

フットボールアワーの岩尾さんやあべこうじさんがいらっしゃっているようなので
ちょっと見に行ってきました。
ミーハー丸出しですね(笑)

いつもは何もない田んぼの雪の上にろうそくがものすごい数灯っています。
その奥には雪でつくった映写スクリーンが。
いやなんともきれいです。
ここが家から徒歩1分とは思えない(笑)
ロケ地までは一番近い家なのです。

ろうそくに見とれて気付かなかったのですが
横で撮影が行われていました。
それはちょくちょく娘と登って遊ぶブルで押し上げた雪山の上。
なんかそれもおもしろい。

「はい、カット!」で場の雰囲気が緩む。
プロの現場です。

寒いので帰ろうと歩き出すと目の前に岩尾さんが。
ちょうど向かい合ったので「お疲れ様です」とご挨拶すると
キチンと頭を下げて「お疲れ様です」とお返事くれた。
まじめな感じが伝わって来てなんか一気に好感度アップでした。

撮影はまだ続いていたようですがスタッフや関係者の皆様お疲れ様でした。
[PR]
by yui-arc | 2011-02-11 09:26 | さんぽしゃしん
貴重な晴れ間
b0102832_21434871.jpg

今日は久々に晴れました。
太陽の有り難さとその暖かさを改めて実感しました。
雪が溶ける溶ける(笑)

おかげで雪崩が頻発。
コレは怖い。
遭遇したくありません。
『北越雪譜』にもその怖さが描かれていて
雪国の宿命を感じます。

コレから数日は暖かいようなのでやっとひと息付けます。
まあ、仕事が遅れ気味なので休めませんが(笑)
[PR]
by yui-arc | 2011-02-02 21:33 | さんぽしゃしん