新潟県新発田市十日町市結建築設計室  阿部正義の日々ログ 
by yui-arc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
全体
コーヒー
sketch book
works
大地の芸術祭
これ食べた
自給作戦
さんぽしゃしん
studio*H5
こんなモノ
こんなとこ行った
未分類
ライフログ
====リンク====
フォロー中のブログ
松之山の四季2
irei blog
OMソーラーの家「Aib...
ひだまりミュゼ pho...
ひなたの場所
スタジオ紡
ひとりごと
のんたんのデジタルな風景
神戸ポタリング日記
伊藤寛のblog
日月出づる処より
コイワびと。
セノのセブログ
のんびりニイガタにっき
プチ田舎Life wit...
笑う不動産屋
| news設計室 |・...
日日日影新聞 (nich...
タマケンブログ~工務店の...
Squat Shop Blog
im Bau
兵庫 神戸 須磨の一級建...
BLOG | GARRO...
ブログパーツ
タグ
(4)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ガンダム
去年の夏お台場に1/1ガンダムが出現。
今年は静岡にビームサーベルをもって現れる(た)。

建築士会関東ブロック会で乃村工藝社の川原氏から
ガンダムが立ち上がるまでの経緯をお聴きしました。

1/1と聞くと1/100のプラモがそのまま大きくなっただけではないかと
高をくくって講演会に臨んだのですがとんでもない。

1/1として出現する為のクオリティーをどう表現するか
ガンダムのリアリティーとは戦車、航空機、F1?
立像だけど「動き」をどう出すか?
山積する問題を解決しつつ妥協しない仕事で完成させた情熱はただ者ではない。

東京のガンダムは見なかったので是非静岡のモノは見たいと思いました。
[PR]
by yui-arc | 2010-06-28 09:23 | こんなモノ
デザインの力
デザインの語源・・・dessin(デッサン)ラテン語のdesignare(計画を記号に表す)、英語のdecision(意思決定)
「デザイナー」と聞くと表面的な形態や色彩をいじくりまわす軽いイメージで捉えられやすかったのですが
近年では本来その言葉のニュアンスに含まれる「より良い計画のための選択行為」的なところまで深く認識されるようになってきたみたいですね。まだまだのようですけど。

狭義で行くところの「建築設計者」も立派なデザイナー。
ただ、それだけだと分野が分からなかったり軽かったりするので「建築デザイナー」と称する人もいる。
「アーキテクト」は畏れ多くて使えないがこれならばといった感じで敷居が低い感じもします。

より良いモノを創る為の選択行為の集大成が多くの人の心を動かす力を持つにはその選択の幅を広げるためにたくさん良いものを見て、体験して、試してを繰り返し自分の中に取り込んでおく他にないでしょう。
その中から目の前の「問題」を解決するため、デザインのエレメントを抽出し具体化する能力こそがデザイン力と言えますね。

様々な分野で「変える力」を持ったデザインを目にすることがあります。
それらはその業界の次代を変えたと言って良いかもしれません。
dysonのクリーナーであったりAudiのTTであったり、Appleのiphoneであったり。
直近では同じくAppleのipadがそれに当たるでしょうか。

こういったデザインを世に出す事は並大抵の苦労ではないでしょう。
先人のやらなかった事や思いつかなかったモノを創るわけですから
その労力と時間とお金を考えると気が遠くなります。
当然、失敗すれば取り返しのつかないことにもなります。

また、こうしたデザインは「会議室」では決して生まれないでしょう。
失敗を恐れる事は一番簡単な事だからです。
ある人の発想とそれを「おもしろい」と捉える感性、それを実行する勇気
周りの人を巻き込む行動力・・・
そのどれ一つを欠かしても実現はできないのです。

Appleがここのところニュースを賑わせています。
世界を変える「可能性」が人々を惹きつけているのだと思います。
デザインが世界を変える・・・ワクワクしますね。
[PR]
by yui-arc | 2010-06-15 09:29 | こんなモノ
安藤忠雄さんの現場
安藤忠雄さんの設計物件を見学してきました。
b0102832_13232582.jpg

場所は・・・内緒にしておいてと言われました。
なぜ?
通り沿いの現場看板にも「安藤忠雄建築研究所」と大きく出ています。
まあ、理由はともかく・・・内緒です(笑)
b0102832_13221472.jpg

この辺りが面白いところになりそうです。
二棟建築中ですが雪に対応している為か知っている安藤さんの空気感を感じません。
アンドーファンとしては物足りないです。

安藤さんの作品云々を語る前にこの自然豊かな地に
これだけマッスなコンクリート打ちっぱなしを置く事に違和感を覚えるからかもしれません。
欲しいのは施設なのか?ネームなのか?
そんな事を考えてしまいます。

b0102832_13253053.jpg

雪は何もかも押しつぶしますがそれにも負けない生命力がこの地にはあります。
この建築がそうなりうるのか・・・完成は間近!
楽しみに待ちましょう。
[PR]
by yui-arc | 2010-06-10 13:27 | さんぽしゃしん
じょうもん市2010
b0102832_9251415.jpg

良い天気に恵まれました。
b0102832_926174.jpg

b0102832_9263422.jpg

用意した飲み物250本、豚串500本、焼きそば150食はほぼ完売!
それでも足りなくてスタッフの昼食やおつまみに用意したウィンナーやモツ、牛肉までも売っちゃいました(笑)
値段設定が安かったのと好天で人出があった事が重なったためと思われます。

当日は今回初の「縄文結婚式」も有りました。
b0102832_9324778.jpg

b0102832_933116.jpg

新郎は知り合いの清水隆太郎さんです。
苅谷さんや宇梶さん進行で式は進みます。
巨大な火熾し?で火をつけるパフォーマンスはなかなか面白い趣向。
カラス?も応援に駆けつけました(笑)

今年は去年までとは一味違う仕掛け方のお祭りになっていました。
みんなで楽しむ事でお祭りは盛り上がると思います。
そこのところが一段とアップしたように感じたのです。

もっと広がって良い「まつり」だと思います。
地域で出すテントは様々な地元色の濃い「売り物」であふれていて
それが利益度外視の特価で買えたり食べられたり。
私も買いたいものがたくさんありましたよ!
手作りのワラ製バッグや石の首飾り
近くで採って来た山菜や木の実・・・

中央広場の栄村の太鼓も良かったし縄文の踊りも良かった
縄文の雄たけび?も楽しかった。

何より「天神囃子」がよかった。
世界の中心が十日町になった瞬間を見た気がしました。

もっと地元の人が楽しめばもっともっと人が寄ってくる・・・
そんな予感がヒシヒシと。
来年への期待が大です!
[PR]
by yui-arc | 2010-06-07 09:44 | これ食べた
火焔のまつり2010
b0102832_6254118.jpg

今年もやってきました「じょうもん市」

今年のゲストは「宇梶静江さん 苅谷俊介さん 土肥 孝さん」と超豪華!
ローカル色の強い祭りなのでゲストの方とどなたもコミュニケーションができるのも
魅力だと思います!

前夜祭は広場で「篝火の中で太鼓と踊りの火焔のまつり」
どなたも参加自由!
踊る事は縄文を受け入れる一番の近道だと思います。

1万年も続いた縄文時代。
継続可能な社会のヒントがここに!

6月6日(日)のじょうもん市は10:00~15:00
じょうもん市で私は屋台で串焼きと焼きそばとビールを売ってます!
「ブログ見た!」で割引サービスあり!!

さあさ皆さんどうぞどうぞ!
[PR]
by yui-arc | 2010-06-04 06:36 | これ食べた