新潟県新発田市十日町市結建築設計室  阿部正義の日々ログ 
by yui-arc
カテゴリ
全体
コーヒー
sketch book
works
大地の芸術祭
これ食べた
自給作戦
さんぽしゃしん
studio*H5
こんなモノ
こんなとこ行った
未分類
ライフログ
====リンク====
フォロー中のブログ
松之山の四季2
irei blog
OMソーラーの家「Aib...
ひだまりミュゼ pho...
ひなたの場所
スタジオ紡
ひとりごと
のんたんのデジタルな風景
神戸ポタリング日記
伊藤寛のblog
日月出づる処より
コイワびと。
セノのセブログ
のんびりニイガタにっき
プチ田舎Life wit...
笑う不動産屋
| news設計室 |・...
日日日影新聞 (nich...
タマケンブログ~工務店の...
Squat Shop Blog
im Bau
兵庫 神戸 須磨の一級建...
BLOG | GARRO...
ブログパーツ
タグ
(4)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧
愛の使者?
テレビなどで最近よく見かける「ハートモノ」
赤ちゃんのお尻の痣だったり猫の額の模様だったり・・・

で、居ましたよ!ウチにも!!
あんまり歓迎できませんが。
b0102832_1475066.jpg

カメムシ

この種類はみんなこんな模様なのか?
わかりませんがとにかくハートを背負っています。
撮影後ご退散いただいたのは言うまでもありませんが
何かいい事あるかな?
[PR]
by yui-arc | 2009-11-28 14:09 | こんなモノ
男鹿和雄展に行ってきました
11月29日までが会期の男鹿和雄展に行ってきました。
ずっと時間が作れずにいましたが思い切っていくしかない・・・と(笑)
b0102832_20573251.jpg

背景画やイメージスケッチ、広告用の書き下ろしなどがものすごい数で展示してあります。
さっと流したつもりでも二時間近くかかりました。

初期のテレビ作品から近作である絵本、本の挿絵まで幅広く網羅
その進化の過程が素人でもはっきりとわかって面白い。

となりのトトロで「ジブリの洗礼」とも言うべき厳しさを知った男鹿さん。
その写実性は魔女の宅急便、紅の豚と経た後「おもひでぽろぽろ」で頂点をみる。

グリーンにばかり目を奪われがちですが空や水、空気の表現にスゴミを感じます。
トトロでは刻々と変化する空の色が話の緊迫感を盛り上げていますし
「おもひで・・・」では朝露や水、モヤ、ベニバナの表現が文字通り光っています。

空や道路の微妙なグラデーションや影、線。
顔を近づけてよーーーく見てもわからないくらい細かい仕事が入っている事にカンドー!

売店で売っていた画集には表現されていませんでした。
これはやはり原画を直接見るしかありませんね。

あれだけ仕事をするからこそ生まれる独特の空気感が存在する。
建築、いやモノづくり全てに言えることかもしれませんが
妥協の無い厳しい仕事だけが生み出す空気が確かにあるのだと。

良い建築が持つ緊張感。
職人仕事に裏打ちされた「何気なさ」なんですね。
[PR]
by yui-arc | 2009-11-26 21:21 | こんなモノ
模型修正
夜の模型修正
b0102832_2328567.jpg

なぜか楽しい♪
なぜでしょう?
[PR]
by yui-arc | 2009-11-25 23:29 | works
雪国ドミノ 完成!!
雪国ドミノが完成しました。
b0102832_14154522.jpg

b0102832_14155888.jpg

b0102832_1416920.jpg

b0102832_14161968.jpg

反省の嵐が自分の中で吹き荒れていますが
皆さんどうぞその嵐を見に来てください(笑)

ご一報くださればどなたでもご案内いたします。
025-752-5477 ㈱フラワーホーム
または 結建築設計室(yuiarc@ybb.ne.jp) まで!
[PR]
by yui-arc | 2009-11-24 14:18 | works
うずまこーて中条!
まちづくりシンポジウムに参加してきました。
b0102832_2192165.jpg

メインゲストは「関野吉晴さん」と「酒井美直さん」
b0102832_21253549.jpg

この豪華ゲストに申し訳ないぐらいの少人数でした。
関野さんのお話で成程と思ったのは
一世代25年で勘定すると10世代前は江戸中期
100世代前はもう紀元前・・・当然だれも家系図を追えないでしょう。
1000世代前は25000年前・・・そう、旧石器時代に入るのです。
1000人って意外に少ないと思いませんか?

イザベラバードが日本を旅したのが明治中期。
その頃は未だ「江戸」の色が色濃く残っていました。
紀行文を読むと遠い昔のようですが
今、長生きをされて100歳を超えておられる方のおじいさんはきっと江戸時代の方。
そう考えると結構最近のことなのだなぁって思ってしまいます。

縄文時代なぜ北に人口が集中したのか?
キーワードは「シャケ」
大河と共にあり大量に遡上するシャケは多くの生物を賄うのに有り余る数だったと想像され
北陸以北に縄文遺跡が多く出土するのはそのためだそうだ。

そう考えると現代のシャケの量は異常に少ないということでしょう。
縄文の心・・・それは完全地域循環型社会。
弥生になるともう違ってくるというからオドロキです。

現代日本人の平均的な「血」の濃さは縄文3弥生7だそうです。
ミトコンドリアDNAでさかのぼるのは母方のみだそうですが
北に行くほど縄文率が高いと思われます。

果たして私は縄文か?
自己分析では弥生が多そう。
でも個人的に「アイヌ」に惹かれる自分もいるので
どうなのかな?って思います。

1000世代、2000世代でアフリカ起源のホモサピエンスが
世界中で突然変異からこれだけ多様な人種になったというのはどうも自分では
信じられません。

同時多発説もあるようですが
今のところ真相は分かりません。
自分の起源に興味を持つと歴史がぐっと身近に感じられます。
等身大の歴史教育をもっと進めるべきだと思います。
[PR]
by yui-arc | 2009-11-23 22:02 | これ食べた
大和の家
b0102832_1127983.jpg

4間×3間の総二階プランで計画された住宅です。
22条の指定からも外れていて外壁仕上げの防火関係規制を受けません。

大きい住宅が「標準」の地域にあってこの規模に駐車スペース二台分が確保された
ここの住宅はまさに異例中の異例だと思います。

建主の生活をシンプルに見直す視点と柔軟な発想、受容するおおらかな感性
がなければこの計画はとても実現できなかったでしょう。
シンプルな住宅は住まい手の人生観を如実に反映する好例といえます。

たまたまお向かいの車庫も僕の設計になりますが
この車庫の外観も今回の計画のキーポイントになっています。
街並みを意識される建て主の感性に脱帽!

もうすぐ完成・・・楽しみですね!!
[PR]
by yui-arc | 2009-11-21 11:42 | works
ドミノ研究会参加
ドミノのマニュアルの解説が主な内容。
当日は朝から雨模様
雪国ドミノの現場にて打ち合わせをしてから出発しました。
現場はもうほぼ完成・・・
外構とアプローチ他を残すのみとなっています。
b0102832_21432422.jpg

峠は雪模様でチェーン規制が心配されましたがなんとかかんとか(笑)
入間インターを降りてすぐの担担麺屋さんにて昼食。
b0102832_21464722.jpg

「成都担担麺」なるメニューを注文!
数年前成都で激辛の洗礼を受けた記憶が蘇ります。
いやぁなかなか良いです。
辛さを黒酢で中和?させる所なんかは本場っぽくてGOOD!
b0102832_21501753.jpg

本題のマニュアル解説もポイントを押さえたもので
時間もあっという間に過ぎてしまいました。

完成間近のドミノを想い夜は更けてゆくのでした(完)
[PR]
by yui-arc | 2009-11-18 21:53 | works
欠之上の家
11月14、15日と見学会でした。
天候不安定な中で多数のご参加ありがとうございました。
b0102832_16341550.jpg

b0102832_16343219.jpg

b0102832_16344446.jpg

b0102832_1634586.jpg

元気の良いご家族がのびのび楽しく暮らしていただければ
これ以上の喜びはありません。

高床三階建て住宅は街との関係性に難点がある。
住まう人は外へ出る回数が減り訪ねる人も遠慮がち。
そんな問題意識が今回の計画に反映されています。

玄関を一階と二階の中間に浮かせることで外部と中内部の中間領域に設定しました。
裏の畑から収穫した野菜はデッキへ直通階段でアプローチ。
土との距離も意識しました。

決して特殊解ではないのですが高床式の住宅を計画する時
積極的に意識して行かないとなかなかできない試みばかりです。
家の中の楽しさが街全体に滲みだしていくような取り組み方を
少しづつでも実践していきたいです。
「家づくり」は「街づくり」ですから。
[PR]
by yui-arc | 2009-11-16 17:38 | works
お城に登って思った
b0102832_222697.jpg

宇土櫓最上階に登って足元を見下ろす。
怖い・・・

瓦職人や左官職人・・・
怖かっただろうなぁってしみじみ思います。
足場は絶対今ほどしっかりしていなかったわけで。

時代劇などで天守からあたりを見渡すシーンがありますが
最上階までの階段は急でそのうえ狭いし
えいちらほいちらそんな苦労が頭に浮かんで
シリアスシーンでもちょっと微笑ましいというか・・・

火天の城・・・どの辺までリアルに築城シーンがつくられたか分かりませんが
観てみたくなりました。
[PR]
by yui-arc | 2009-11-12 22:33 | さんぽしゃしん
==熊本==
熊本に行ってきました。
b0102832_7482342.jpg

「地球の会」は去年に引き続き二回目の出席
今回は日頃お付き合いさせていただいている業者の方々と一緒。
羽田空港を利用するのは初めてでした。
いやぁ、広いですねぇ(笑)

b0102832_751536.jpg

熊本は「馬」が有名。
ってことで当然夕飯は「馬」づくし

お店に入って初めに目が合ったのがダイエーホークスの松中信彦選手・・・
???ハテナが三つくらい(笑)
松中さんは熊本出身だそうで。

肝心の馬料理・・・
正直期待していなかったのですが
これがどれもおいしい、ウマイ、めずらしい!

この旅行で九州に対する意識が変わりました。
新潟は「食」に関しては全国でもハイレベルとの認識でしたので
他の地域で「コレハ!!」ってものに遭遇した試しがなかった。

九州ではどこで何をいただいても、空港のお土産屋さんでも・・・
その種類の多さと味には驚きました。
辛子レンコン・・・買いたかった。

ただ単に自分の好みにマッチしていたのかもしれませんが。
今度は是非ゆっくりと楽しみたいです。
[PR]
by yui-arc | 2009-11-11 08:00 | これ食べた