新潟県新発田市十日町市結建築設計室  阿部正義の日々ログ 
by yui-arc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
sketch book
works
大地の芸術祭
食べる・飲む
三角地の小さな家
自給作戦
さんぽしゃしん
コミュニティー・デザイン
その他
四日町 花れ
未分類
ライフログ
====リンク====
フォロー中のブログ
松之山の四季2
irei blog
OMソーラーの家「Aib...
ひだまりミュゼ pho...
ひなたの場所
スタジオ紡
ひとりごと
のんたんのデジタルな風景
神戸ポタリング日記
伊藤寛のblog
日月出づる処より
コイワびと。
セノのセブログ
のんびりニイガタにっき
プチ田舎Life wit...
笑う不動産屋
| news設計室 |・...
日日日影新聞 (nich...
タマケンブログ~工務店の...
Squat Shop Blog
im Bau
兵庫 神戸 須磨の一級建...
BLOG | GARRO...
ブログパーツ
タグ
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:その他( 162 )
夏の棲家
私はなぜ夏が好きなのか?

小学生のころ地元新発田では毎年7月4日、5日に天王まつりが有り、
それと前後して学校のプール授業が始まります。
この辺から一気に夏へのボルテージが高まっていきます。

小遣いをもらってまつりの屋台へ向かう時の気持ちと言ったら
それはもう大変な鼻息でしたね。
家では大好きなスイカに有りつけたし
うまくいくと親戚の人にも小遣いが貰えます。
テンション的には正月を上回っていたと思います。

お祭りが過ぎれば夏休み。
早朝の虫捕りに始まり、一日中遊ぶことのみに集中していた時代です。

中学2年生の時にTVで放送されたアニメに「トムソーヤーの冒険」
が有ります。あまりに面白く
その中で描かれる夏休みは私にとっての原風景となりました。
夏はこうあるべき!みたいな信念の様なものが芽生えたのだと思います。

高校生の時に原付バイクに乗って日本橋や原宿に行ったのも
その影響かもしれません。
夕方7時前に新発田を出て延々と・・・
途中何度目を開けたまま夢を見たことか。
恐るべき無謀さです。

そんなこんなで大好きな夏ですが
でも、江戸時代くらいの昔になるとちょっと状況は違うようです。
そもそも海水浴が無かったようですし
有ってもそれは皮膚病などの治療として海水につかる様なものであったらしいです。

そういえば小学生の時背中全体に原因不明の湿疹が出て医者へ行っても治らず
困り果てていた時、祖父に海に浸かってこい!といわれて半信半疑海に向かいました。

そしたら何と!!
次の朝には綺麗に治っていたのです。
それ以来私は温泉よりも海を信じています。

冷蔵庫やクーラーなど存在せず医療も発達していなかった時代は
夏は流行病や食中毒、衛生状態の悪化など命を落とす危険がたくさんある季節という認識で
それゆえ厄除けの祇園祭などが盛大に都市部で行われたのですね。

スイカを井戸で冷やす様な事も自粛していたようです。
お腹をこわして命を落とすという事も結構あったのだと思います。

兼好法師の「家のつくりようは夏をもってむねとすべし」という言葉も
そういったバックボーンを踏まえて考えるとまた違って響いてきます。

豪雪地帯でないところではまさしく命がけで乗り越えるべきは「夏」だったのです。
命がけで育んできた住宅の避暑工夫がまた注目を集めていますね。

設備に頼って生活力が低下してしまってはもったいない!
どんどん工夫は採り入れたいものです。
[PR]
by yui-arc | 2011-07-26 11:58 | その他
納涼の夏
雪国の設計屋はその性質上その他の地域よりオンとオフがハッキリしています。
夏は現場が猛ダッシュ!
冬はじっくり机上打ち合わせ・・・的な感じですね。

お盆前は特に激しくて気持ちがそわそわしてきます。
現場進行中と計画進行中を合わせると8件になりますから無理も有りません。
有りがたい事です。

そんな中で申し訳ありませんが東港へ出かけてきました。
晴れ続きなので海は透き通っています。

テトラポットに貼りついたカキをいじっているとポロっと一個取れてしまいました。
大きな中身が出ています。
仕方ないのでそのまま口へ・・・しょっぱー!
カキの味よりも塩辛さが口いっぱいに広がりました。
TVのコメントみたいにおいしーとはとても言えません。

近くにいたカキ採りのおじさんに言うと
「冷たい真水でしめんきゃだめだよ」って。

今度バケツを持って採りに来ようと決心しましたw

帰りに飲んだジンジャーエールは夏の味でした。
b0102832_9471623.jpg

[PR]
by yui-arc | 2011-07-25 09:47 | その他
阿部時代
地域の運動会が行われました。
今年は去年以上に暑かった!!

昨年に引き続き応援団長を務めさせていただきました。
顔が日焼けでヒリヒリします。
今回は「少女時代」をモチーフに応援しようということで
コスチュームはTシャツを特注しました。
b0102832_5485029.jpg

少女時代はパクリになるので(結局パクリですが・・・)
ロゴを似せて「阿部時代」に(笑)
意味が解りません。

これを着て炎天下を過ごしました。
イヤイヤまったく水分がどんどん失われましたね。
でも、楽しかったぁ!!

昨日は燃える様な夕日。
b0102832_5534650.jpg


一つの時代が静かに過ぎ去っていくのでした(笑)
[PR]
by yui-arc | 2011-07-20 05:55 | その他
ゴーヤー
我が家のゴーヤーとアサガオ。

b0102832_4412669.jpg


b0102832_4412892.jpg

全くカーテンでは有りません(笑)
でもココのトコロの暑さのおかげか
その成長がスピードアップしました。

まあ、今年は期待せずに楽しみます。

今朝もヒグラシより早起きして
水やりしました。

こういう事も楽しみな夏ですね。
[PR]
by yui-arc | 2011-07-14 04:33 | その他
夏本番!!
今朝は4起床。
気持ちの良い朝を迎えました・・・が!!

8時過ぎには一気に気温上昇。
暑い暑い。

まあ、夏だから許す!



高校生の時にジャケットが気に行って買ったアルバムにこれが収録されていました。
これを聴くと一気に30年前にトリップします。

こんな暑い日にとても良く合います。
[PR]
by yui-arc | 2011-07-12 14:33 | その他
西日対策
今年は早くも盛夏の趣・・・。
ウチの事務所は東に山が有るので午前中はかなり快適。
しかぁ~し!

午後二時くらいからは西日がどーーーん!
ふふふふっ!
やせ我慢でも暑いです。

夏の涼しい過ごし方
一、部屋を片付ける事
  徹底的に片付いた室内は見た目に風通しが良く清々しい気分になる。
二、サマータイムシフト
  朝3時起床で家計に優しく、電力供給不足にも対応でみんなニコニコ。
三、窓にはグリーンカーテンを!
  直射日光を遮るけど風通しは抜群!!

なんてやっていますが
一は・・・今日はこれから大掃除

二は・・・未だ5時くらいにしか起きられていない。

三は・・・窓が高い位置にあって窓まで来ていない。

うーーーん。
うまくいきませんが夏は大好きです。
青い空を見ているだけでオートバイで出かけたくなります。
私は根っからの夏休み人間!

想像するだけでワクワク。
海辺をハーレーで走っている姿を思い出すだけでトリップできます。

夏本番ですよ!!
[PR]
by yui-arc | 2011-07-11 14:24 | その他
メール
b0102832_7594518.jpg

今朝メールを開くと画像付きメールが来ていました。

頑張ります!
[PR]
by yui-arc | 2011-07-06 08:00 | その他
夢の我が家への道・・・その3
住宅基礎・・・皆さんご存知のように現在の木造住宅の基礎は鉄筋コンクリートで造られるのが一般的です。
当たり前と考えるこのようなことも二階建て木造住宅の規模では実は明確に基準法で定められているわけではありません。つまりは無筋コンクリートでも条件次第では法令違反に当たらないのです。
建築基準法があくまでも最低の基準である事がこの事からも伺えます。

「うちは建築基準法に基づいて施工しているから大丈夫」とは、何に対して大丈夫なのか・・・
まったく的を得ない言葉だという事が理解できるでしょう。
小規模木造住宅に関しては断熱・耐震・気密のどれ一つとして具体的にそのレベルを基準法では定めていませんから。
そもそもそういう事を言う人ほど建築基準法はあまり知らなかったりします。

私だって熟知しているとは言い難いと思います。

閑話休題。

基礎には「直接基礎」と「杭基礎」が有ります。
木造住宅の場合、ほぼ100%直接基礎と呼ばれるものです。

その直接基礎の中の種類に「べた基礎」・「フーチング基礎」が有ります。
良く耳にされる「布基礎」は「連続フーチング基礎」とも言えます。

先日、構造の専門家の方の講義を受けてきて非常に嘆いておられた事の一つに
「ベタ基礎神話」というのが有りました。
そのあたりが今回の主題です。

建物の重さは柱や壁を伝わりその力は基礎を介して最終的に地面が受け止めます。
建物が重いほど、また地盤が軟弱なほどその接地面積を広げればよく
堅い地盤ならそれなりに接地面積は少なくて済むわけです。

ベタ基礎とは建物の底の部分全てで受けようとするモノで、当然沈下に対しては
最も有利と言えます。

この見た目の頑強さと理屈の明快さのみが独り歩きをして「ベタ基礎神話」なるモノが
蔓延しているようなのです。

地盤がそれなりに弱くて「ベタ基礎」を選択する事は正解。

地盤はそれなりにいいのだけれど一応ベタ基礎に・・・もまあ思想として構わないと思いますが
ここに一点問題が出てきます。

ベタ基礎は「プランを選ぶ」と言う事です。
ベタ基礎の構造は鉄筋コンクリート構造の2階の床部分をひっくり返したモノと考えてもらって良いと思います。床スラブは周囲の梁と一体となって荷重を受けます。スラブの配筋がビッシリと入って如何にも強そうですがこの辺がまず惑わされる一点目。そして柱から落ちてくる鉛直荷重間距離が飛んでしまうとべらぼうな地中梁がドーンと出現したりします。

これは即コストに跳ね返ります。
一応のベタ基礎なのに無意味なコストアップ・・・
まあ、そこも呑み込んでの施工なら止める術はありませんが、無駄な材料は環境配慮とはかけ離れますね。

で、地盤がベタ基礎でも沈んでしまうくらいに弱い場合はどうすれば良いのか?

ここで地盤改良が登場です。
改良する深さが1M程度なら「表層改良」。それ以上の深さなら「柱状改良」を選択するのが一般的だと思います。
表層改良は文字通り「軟弱な地盤を固めてしまえ工法」です。
柔らかな土にセメント粉を混ぜてかちんこちんにしてしまいます。

学生時代にそれを知らなくてスウェーデン式サウンディングを敢行し
あまりの堅さに涙した経験が有ります。
当時は100KGを手で載せていましたから・・・塚田君ありがとう。
バカ丸出しですね。

地盤調査が不可能なくらいに堅く締まった地盤の上にベタ基礎・・・私は直接見た事はありませんが
いろんな人の話しぶりからするとやっているところが有るのかもしれません。
ここまでくると専門家としてどうかと思います。
万事その調子で家づくりを進めているのかと考えてしまうのです。

柱状改良は全面ではなくオーガーを用い円柱状にポイントで行うことで深い場所の支持層まで到達しようとするものです。
これとベタ基礎との相性を考えてみましょう。
ベタ基礎は建物の底面全体で支える事になるためにその場所に均等に割りつけて施工する必要が有ります。
当然割り付け方によっては必要本数以上の柱状改良が必要になる場合もあります。
しかし、現状いろんな現場を見ていると本数が増える事を嫌ってか基礎梁の下のみに施工しているところが多いようです。こうなるとまたまたその専門家としての見識を疑いたくなってしまいます。

そもそも基礎梁はその幅が60センチもありません。
せいぜいが30㎝・・・一般的には15~20センチでしょう。
その細い梁が直径60センチのせっかくの柱状改良体の上に載りきらないのです。
荷重を負担しないスラブなら初めから必要ありません。

テキトーとしか思えません。
計算の根拠が有るにしても(多分ありませんが)理にかないません。

その点、布基礎は底面の幅を50~60センチとすることでしっかりと柱状体の上に載りますし
柱の鉛直荷重分布によって改良体のピッチを調整できる。
極めて相性が良いと言えます。

ただ耳触り良く「ウチはベタ基礎だから安心です!」は
「建築基準法を守っているから安心です」と言っているのと同じで
何を言わんとするのか・・・専門用語で煙に巻く代表格です。

プランでも構造でもまず大切なのは全体計画です。
部分に固執するあまり適切な施工を行うことが難しくなっている逆転現象も有ると聞きます。

残念なことにこれらは仕方のないことかもしれません。
書店等でチラ見する住宅関連記事にも「ベタ基礎神話」を助長する様なものが有りますから。

文系記者に今回書いた内容をいきなり理解せよとて無理な相談かもしれません。
聞きかじりで書いた記事と言うのは案外に氾濫しているのではないでしょうか。

同じような事は住宅展示場でも起こっている可能性が有ります。
文系営業マンが知ったかぶりの先輩に教わった浅い知識で来場者を接客するパターン。

自信満々に言われれば信じますよね、ベタ基礎以外はあり得ない・・・みたいな事。
別の構造家の方はテキトーなベタ基礎が多いとも言っていました。
アカの他人の現場で検査員にそれを指摘すると「図面チェックをしているだけですから・・・」と。
構造計算の重要性がどんどん高まってきますね。

長文になりました。
[PR]
by yui-arc | 2011-07-02 13:16 | その他
夢の我が家への道・・・その2
中越沖地震では多くの新築住宅にも被害が出ました。

その実態をみるとビックリするような施工をしている住宅が多いのに二度びっくり!
私が普段考えている「構造」とはかけ離れたものであったからです。

妻面の胴差しが無かったり基礎が無筋であったり壁や軸材の接合部に金物が無かったり・・・
本当に「プロ」を自認する人間が最近施工したのかと眼を疑うモノが多すぎました。

東日本の地震は今も頻発しています。
これら地震の直接被害を受けてもまだ反省に至らない工務店の多い事は
驚くべき事です。

前回も書きましたが公的な安全・性能チェックは二階建て木造住宅の場合
「性能表示」という制度を使うことでしか今のところ対処できません。
この制度は任意であり金額が掛かり、中間の検査や設計審査などがあって煩わしいので
施工店側も積極的に勧めません。

しかも隠れた部分に関してはチェックしきれないのが現状なのです。
やはり、技術と意識の高い工務店が的確なアドバイスのできる建築士とタッグを組むことが理想でしょう。
社内に建築士を抱えキチンと機能していれば言う事がありません。

もし、どこかの会社と家づくりを始めていたり始めようとしているのであれば
窓口になっている担当者にお聴きする事をお勧めします。
1・「お宅で提供している住宅は地震にどれくらい強いのですか?」
2・「断熱性能はどのくらいのレベルのモノですか?」

1・に関して、「今まで壊れた事はありません」とか「大工の腕が良いから大丈夫」とか「アフターが充実しているから・・・」とか「地元でまじめにやっているから・・・」など、具体的な数値が自社基準として語られる事無く根性論で終始するならまず間違いなく「勘」だけで家はできています。

なぜこのような事が起こるのでしょう?
ずばり、面倒くさいからです。

意味がわかりませんよね。
信頼して任せたはずの家が実は根性論や程度の解らない経験や勘だけでその強度決定されているとは。

誤解無きように付け加えますと、それが即危険というわけではありません。
客観的に判断できないだけなのですが、その辺が難しいのです。

2・に関してはもっとひどいのが現状です。
「昔の家は断熱材が入っていなかった。今度は入れるから比べ物にならないくらい暖かいですよ」
って・・・ここでも意味不明の勘が働くわけです。
直接人命にかかわる事ではないので法律での規制も無くほぼお任せ状態です。

プロならどれぐらいの熱損失があるのか数値で語るかもしくは壁・床・天井の断熱材の仕様を示し
それは客観的にどんなレベルのものであるかを説明できなければなりません。

以上の様な事は「良い家」を語る一部分でしかありません。
知っての通り 「良い家」 は数字で語る事ができません。

逆にその数字ばかりを強調する会社に「良い家」を造る能力は眉唾もんと考えましょう。
数字はいくらでも誤魔化しやトリックが使えますが
居心地はそれが使えません。

理屈の解らない子供ほどそれははっきり表れます。
居心地の良い空間を裏方の確かな技術と数字で支える。
それが正解だと思います。


次回は「基礎」についてです。
[PR]
by yui-arc | 2011-06-28 14:27 | その他
夢の我が家への道・・・その1
構造(主に木造住宅)についての講義を受けてきて感じた事。

大きな地震を体験すれば自然に建物の耐震性への要求は高まります。
事のきっかけは色々あるでしょうが被害が出るにつけ強化されてきた建築基準法。

さぞ住宅についても国の安全チェックが進んでいるのだろうと想像する方も多いはず。
いえいえ、なんのなんの。

一般に建てられる規模の木造二階建て住宅に関して言えば未だに公的チェックは有りません。
え?ちょっと待って。
ウチの現場は瑕疵担保保険の検査員の方が事細かにチェックしていますよ。

そうですね。確かにチェックはしています・・・が、
あれは設計図通りの施工がされているかどうかのチェックであって
なんら安全性を保障するものではありません。

完成した時の完了検査にしてもそうです。
構造が安全か、気密は確保されているか、断熱性能は基準を満たしているのか等々・・・
全ては施工会社に任されていると言っても過言ではありません。

ちょっと待ってよ!
でも施工している建物の設計図はちゃんと建築士の人が描いているよね?
だって確認申請書にちゃんと一級建築士 ○○ 一郎 ってハンコが押してありますよ。

はい、それも確かにそうですが、極端な例で言いますとそこに名前が載っているからと言って
その人が設計したとは限らないのです。

例えキチンとした設計図があったとしても
その図面通りの性能が発揮出る家に仕上げるのはやはり施工会社の技術や管理体制が非常に重要だという事です。

私たち設計事務所の独占業務として設計の他に監理という業務があります。
それがまさしく大切なポイントとなってきます。

設計したお家が図面通りに施工されているか施工方法や品質に至るまで施主さんの代わりになって
チェックする業務です。

代わりに施工会社がこの役割を担います。

設計事務所が負うべき責任や役割が実質分断されその所在が曖昧になっています。
この辺りが良く耳に入ってくる問題の原因の一つかな。
 
さて本題・・・は次回に。
[PR]
by yui-arc | 2011-06-27 18:11 | その他