新潟県新発田市十日町市結建築設計室  阿部正義の日々ログ 
by yui-arc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
コーヒー
sketch book
works
大地の芸術祭
これ食べた
自給作戦
さんぽしゃしん
studio*H5
こんなモノ
こんなとこ行った
未分類
ライフログ
====リンク====
フォロー中のブログ
松之山の四季2
irei blog
OMソーラーの家「Aib...
ひだまりミュゼ pho...
ひなたの場所
スタジオ紡
ひとりごと
のんたんのデジタルな風景
神戸ポタリング日記
伊藤寛のblog
日月出づる処より
コイワびと。
セノのセブログ
のんびりニイガタにっき
プチ田舎Life wit...
笑う不動産屋
| news設計室 |・...
日日日影新聞 (nich...
タマケンブログ~工務店の...
Squat Shop Blog
im Bau
兵庫 神戸 須磨の一級建...
BLOG | GARRO...
ブログパーツ
タグ
(4)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
火入れ式
今日は三角地の家に設置した薪ストーブの慣らし運転でした
そう、薪ストーブは鉄のかたまり
優しくしないと割れたりすることもあるのだそうです
b0102832_17401735.jpg

ダッジウェストのコンベクションFA265・・・
なぜこれにしたのか納得ずくのハズが
今日やっと飲み込めました!!
お恥ずかしい・・・

温度計200℃まではダンパー解放でどんどん燃やす・・・空気取り入れ口全開で
前のガラスもチョイ開け。
火が燃えだしたなと思ったらガラスはシャット!
200℃くらいでダンパーを閉めて触媒機能ON
350℃くらいで空気取り入れ口を絞り込む
試しに完全に閉めてみると一気に火が細くなった
いわゆる木が「蒸し焼き」状態
空気孔を開けるとガラス面いっぱいに炎が広がった・・・結構迫力有り
再び絞り込んであげると青白い炎が左右に踊っているよう
こんな状態が理想的な燃え方なのだそうです

火をトロトロ燃やす、調節する、色んな事が可能なのがこの機種
就寝前に大きな木を放り込んでおいて朝までゆっくり燃やし続ける
そんなすばらしいことも可能になるんです
雪国には重宝しそうな機能ですよね

焚き火じゃないんだから燃料の薪も効率よく燃やさねば・・・
そんなことも火を見ながら考えました

秘技?を雪国科学のイトーさんに伝授されたのだが
果たしてこれを他のユーザーさんに私が伝えられるのか?

不安いっぱいです!
[PR]
by yui-arc | 2008-10-17 17:47 | こんなモノ
<< 瀬野さんオープンハウス見学 満月 >>