新潟県新発田市十日町市結建築設計室  阿部正義の日々ログ 
by yui-arc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
コーヒー
sketch book
works
大地の芸術祭
これ食べた
自給作戦
さんぽしゃしん
studio*H5
こんなモノ
こんなとこ行った
未分類
ライフログ
====リンク====
フォロー中のブログ
松之山の四季2
irei blog
OMソーラーの家「Aib...
ひだまりミュゼ pho...
ひなたの場所
スタジオ紡
ひとりごと
のんたんのデジタルな風景
神戸ポタリング日記
伊藤寛のblog
日月出づる処より
コイワびと。
セノのセブログ
のんびりニイガタにっき
プチ田舎Life wit...
笑う不動産屋
| news設計室 |・...
日日日影新聞 (nich...
タマケンブログ~工務店の...
Squat Shop Blog
im Bau
兵庫 神戸 須磨の一級建...
BLOG | GARRO...
ブログパーツ
タグ
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
夢の我が家への道・・・その2
中越沖地震では多くの新築住宅にも被害が出ました。

その実態をみるとビックリするような施工をしている住宅が多いのに二度びっくり!
私が普段考えている「構造」とはかけ離れたものであったからです。

妻面の胴差しが無かったり基礎が無筋であったり壁や軸材の接合部に金物が無かったり・・・
本当に「プロ」を自認する人間が最近施工したのかと眼を疑うモノが多すぎました。

東日本の地震は今も頻発しています。
これら地震の直接被害を受けてもまだ反省に至らない工務店の多い事は
驚くべき事です。

前回も書きましたが公的な安全・性能チェックは二階建て木造住宅の場合
「性能表示」という制度を使うことでしか今のところ対処できません。
この制度は任意であり金額が掛かり、中間の検査や設計審査などがあって煩わしいので
施工店側も積極的に勧めません。

しかも隠れた部分に関してはチェックしきれないのが現状なのです。
やはり、技術と意識の高い工務店が的確なアドバイスのできる建築士とタッグを組むことが理想でしょう。
社内に建築士を抱えキチンと機能していれば言う事がありません。

もし、どこかの会社と家づくりを始めていたり始めようとしているのであれば
窓口になっている担当者にお聴きする事をお勧めします。
1・「お宅で提供している住宅は地震にどれくらい強いのですか?」
2・「断熱性能はどのくらいのレベルのモノですか?」

1・に関して、「今まで壊れた事はありません」とか「大工の腕が良いから大丈夫」とか「アフターが充実しているから・・・」とか「地元でまじめにやっているから・・・」など、具体的な数値が自社基準として語られる事無く根性論で終始するならまず間違いなく「勘」だけで家はできています。

なぜこのような事が起こるのでしょう?
ずばり、面倒くさいからです。

意味がわかりませんよね。
信頼して任せたはずの家が実は根性論や程度の解らない経験や勘だけでその強度決定されているとは。

誤解無きように付け加えますと、それが即危険というわけではありません。
客観的に判断できないだけなのですが、その辺が難しいのです。

2・に関してはもっとひどいのが現状です。
「昔の家は断熱材が入っていなかった。今度は入れるから比べ物にならないくらい暖かいですよ」
って・・・ここでも意味不明の勘が働くわけです。
直接人命にかかわる事ではないので法律での規制も無くほぼお任せ状態です。

プロならどれぐらいの熱損失があるのか数値で語るかもしくは壁・床・天井の断熱材の仕様を示し
それは客観的にどんなレベルのものであるかを説明できなければなりません。

以上の様な事は「良い家」を語る一部分でしかありません。
知っての通り 「良い家」 は数字で語る事ができません。

逆にその数字ばかりを強調する会社に「良い家」を造る能力は眉唾もんと考えましょう。
数字はいくらでも誤魔化しやトリックが使えますが
居心地はそれが使えません。

理屈の解らない子供ほどそれははっきり表れます。
居心地の良い空間を裏方の確かな技術と数字で支える。
それが正解だと思います。


次回は「基礎」についてです。
[PR]
by yui-arc | 2011-06-28 14:27 | その他
<< 夢の我が家への道・・・その3 夢の我が家への道・・・その1 >>