新潟県新発田市十日町市結建築設計室  阿部正義の日々ログ 
by yui-arc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
コーヒー
sketch book
works
大地の芸術祭
これ食べた
自給作戦
さんぽしゃしん
studio*H5
こんなモノ
こんなとこ行った
未分類
ライフログ
====リンク====
フォロー中のブログ
松之山の四季2
irei blog
OMソーラーの家「Aib...
ひだまりミュゼ pho...
ひなたの場所
スタジオ紡
ひとりごと
のんたんのデジタルな風景
神戸ポタリング日記
伊藤寛のblog
日月出づる処より
コイワびと。
セノのセブログ
のんびりニイガタにっき
プチ田舎Life wit...
笑う不動産屋
| news設計室 |・...
日日日影新聞 (nich...
タマケンブログ~工務店の記録
Squat Shop Blog
im Bau
兵庫 神戸 須磨の一級建...
BLOG | GARRO...
ブログパーツ
タグ
(4)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
木造ドミノ住宅見学
今日は朝から東京へ!
フラワーホームさんに連れられて(笑)
相羽建設さんの木造ドミノ住宅を見学してきました。
b0102832_22413422.jpg

ドミノって?
「将棋倒し」のアレではありませんよ(笑)
建築史では必ず習うコルビジェのドミノシステム(Dom-ino)
ヨーロッパでは石や煉瓦の組積造が建物の主流
そこにコルビジェが床と柱と階段が建物の基本要素と提唱した・・・

床と柱と階段?
そんなの普通ジャンって思うでしょ?
でも当時のヨーロッパでは革新的だったのでしょうね。

その骨組みだけを無垢材でしっかり造り
高性能を低価格で実現しようとするのが
「木造ドミノ住宅」
スケルトン・インフィルと言い換えれば馴染みがあるかもしれませんね

でもドミノは低価格と共に三世代に受け継がれるような
汎用性とメンテナンスを持たせた住宅なのです。

東京は暖かく暑いくらいでした

しっかりやるべき事ができる工務店だけが生き残る時代に・・・
厳しい時代ですが時代の要請でもあるのでしょう

設計者もやるべき事を当たり前にできる様にならねばと熱く拳を握って帰ってきました!
[PR]
by yui-arc | 2009-03-18 22:38 | こんなモノ
<< 完成見学会 好きな場所・・・ >>